2008年08月02日

米スタバ・初の四半期赤字

米スターバックス、四半期決算で初の赤字決算に・・・

海外出店も抑制していく方針とのこと、日本を含むアジアエリアは比較的堅調のようですが、原料高、競争激化などスタバを取り巻く環境は厳しくなってきているようです。

NIKKEI NET(日経ネット):米DJニュース −米ダウ・ジョーンズのニュース

2008/7/31 日経新聞より

スターバックス、初の四半期赤字

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米コーヒーチェーン大手のスターバックス(Nasdaq:SBUX)が30日発表した4-6月期決算は、売り上げ成長の鈍化と店舗閉鎖に伴う費用が響き、赤字転落となった。四半期ベースの赤字は同社にとって今回が初めて。

スターバックスが業績立て直し努力を始めて半年たつが、今回の決算は同社の問題が深刻さを増していることを示している。新製品やマーケティング戦略は功を奏せず、売り上げ成長の回復には結び付いていない。数千人規模の人員削減や数百店もの店舗閉鎖が従業員の士気を弱め、一部従業員の間では、ハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)に対する信頼まで失われつつある。インターネット上の同社掲示板には、こうした不満や苦情が並べ立てられている。

シュルツCEOは同社の復活を誓い、今年1月にCEOに復帰した。また今まで成長分野と位置づけてきた海外部門についても出店数の抑制を発表。08年9月期の新規出店数を825店、09年09月期は900店とし、4月時点の計画よりもそれぞれ150店ずつ縮小した。



starbuckslatte at 05:16コメント(0)トラックバック(0) 
スターバックス・ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
無料資料請求
Profile
ラテ猫
「スターバックス・ニュース」では、スターバックスに関する最新ニュースを発信していきます!
(スタバファンのブログであり、公式情報ではありませんのでご了承ください)
メール:latteneko@gmail.com
ブルックス
お試しセット