2006年11月03日

スタバ・出店加速

スターバックスは世界的に好調らしく、新設を急いでいるとの記事がありました。

日本の店舗目標も2010年までに1000店舗体制ですからますます出店も加速しそうですね。

U.S. FrontLine

USFL.COM 11/1 より

集客力を改善へ〜スターバックス、新設急ぐ

コーヒー大手スターバックス(ワシントン州シアトル)は、長い列を嫌がる客による客離れを食い止めようと新設に追われているが、現在までのところ共食い現象は見られないという。

ロサンゼルス・タイムズによると、同社はこのほど、世界中に4万件の店舗を展開するという目標を発表した。同計画は新市場だけでなく、すでに出店している国や都市の店舗と店舗の間に新設するという拡張も含まれている。道路1ブロック以内に2店、同じビル内に複数入店している例もある。

10月3日現在、同社は世界に1万2440店を展開させ、このうち7102店が直営、5338店がライセンス店で、1日平均6店舗の速さで新店舗を開店させている。

新設する場所は、通勤や通行人が多いことなど多くの要因を考慮しており、直営店だけでなく、ライセンス店も本社の意見を反映させている。カナダのバンクーバーの場合、交通量の多い交差点を挟んで道の両サイドに出店、ニューヨークの百貨店大手メイシーズやマリオット・マーキーズ・ホテルには2カ所、ワシントン州スポケーンのような小さな町でも向かい合わせのモールと食料品店に出店している。

それでも、以前は店舗の約60%で待ち時間3分の列ができていたため、新店舗の開店で既存店の客が減ることは少なく、現在のところ共食い現象は発生していないという。



starbuckslatte at 20:47コメント(0)トラックバック(0) 
スターバックス・ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
無料資料請求
Profile
ラテ猫
「スターバックス・ニュース」では、スターバックスに関する最新ニュースを発信していきます!
(スタバファンのブログであり、公式情報ではありませんのでご了承ください)
メール:latteneko@gmail.com
ブルックス
お試しセット